販売サポート

FaceHubを導入することで、クライアント企業との商談や交渉、クライアントサポート、保険代理店向け点検調査などの業務が効率化されます。「オンライン」「リアルタイム」で相手の顔を見ながら接客&対応できるので、生産性向上や売上向上に貢献できます。新しい販売サポートのカタチ。いますぐ体験してください。

  • 不動産投資の商談を効率化

    不動産投資の商談を効率化

    不動産投資ローンを販売する銀行の営業担当は、不動産投資したいお客さまへの融資相談などで全国を飛び回るため、移動や宿泊コストが膨大になります。また投資用不動産の紹介は不動産業者が行うため、不動産投資したいお客さまは、銀行、不動産仲介業者の双方との交渉、商談が必要となるため手続きが複雑になり時間がかかってしまいます。

    しかしFaceHubを使えば、銀行の営業担当はお客さまと不動産業者の3者を繋いでWeb商談できるため出張コストを大幅に削減できます。またお客さまあてにタブレット送付することで、PC操作に不慣れなお客さまでもアプリをワンタップするだけで簡単にFaceHubで繋がって相談できます。

  • オンラインサポートで顧客満足度向上

    オンラインサポートで顧客満足度向上

    クライアント企業向けに販売した商品に関するお問い合わせシーンで、サポート担当はメールや電話でのコミュニケーションだけではお客さまのトラブル状況が把握しづらく的確な対応が難しい状況になりがちです。結果として一次対応で解決できずに出張・訪問サービスが増え、そのためのコストも発生します。

    しかしFaceHubを使えば、ビデオ映像でお客さまの状況をリアルタイムかつ一目瞭然で把握できるため、問い合わせ内容を的確かつ迅速に解決することができ、出張訪問などのコストの削減、お客さまの顧客満足度向上にも寄与します。

  • 保険代理店向け業務点検でコスト削減

    保険代理店向け業務点検でコスト削減

    損害保険会社では、保険代理店向けの業務点検(内部 監査・コンプライアンスチェック)を年1回行っており、担当者が直接保険代理店へ訪問する際の交通費や宿泊費のコストが大きな負担になっています。また、保険代理店配下の子会社にも業務点検を行う必要がありますが、人員不足と時間の問題でできないという課題も抱えています。

    しかしFaceHubを使えば、担当者は本部にいながら保険代理店や子会社向けにWebで業務点検・内部監査を行うことができるため、コストを大幅に削減することができます。さらに、本部からFaceHubアプリインストール済みのタブレットを送付することで保険代理店はタブレットのアプリをワンタップするだけでかんたんに操作できる利便性の高さも魅力です。

販売サポートを
効率化する機能

  • ビデオ ビデオ

    相手の表情を見ながらの交渉や、スマホカメラを使った映像確認でサポートできます。

  • 画面共有 画面共有

    営業担当のPCからお客さまのタブレット画面にパンフや契約書を表示して商談できます。

  • キャプチャー キャプチャー

    お客さまのスマホカメラで映してもらった映像をキャプチャーして確認・保存できます。

  • N対N接続 N対N接続

    お客さま、銀行の営業担当、不動産仲介業者を複数接続して商談できます。

  • 録画録音 録画録音

    販売やサポート時のビデオや音声を録画してエビデンスとして残しておけます。

販売サポートで
活用しているお客さま

IDCFrontier
自社サービスのクライアント向けに電話とメールでサポートしていましたが、2016年よりFaceHubを活用した、対面でのオンラインサポートおよびインサイドセールをスタートしました。

ソリューションページ一覧に戻る

FaceHubの導入、
デモ利用に関するご相談はこちらから